Curtis Mayfield / Move on up 歌詞和訳

スポンサーリンク

Curtis Mayfield / Move on up 歌詞和訳

ブログのサブタイトルに選んだ、カーティス・メイフィールドのムーヴ・オン・アップ。

ムーヴ・オン・アップは1970年に発表された、アルバム「カーティス」の収録曲。当時カーティス28歳、もちろん作詞・作曲はカーティス。発表後およそ50年経った今でも色あせることのない、R&B・ファンクの名曲中の名曲である。音楽、洋楽に興味のない人でも、一度は聞いたことがあるはず。

私も大好きなこの曲ですが、最高のメロディラインもさることながら、歌詞が素晴らしい。新たな一歩を踏み出す皆さんに是非触れてほしいと思い、ここで和訳してみる。

Curtis Mayfield / Move on up Lyric

Hush now child and don’t you cry
Your folks might understand you by and by
Just move on up towards your destination
Though you may find from time to time complications

Bite your lip and take a trip
Though there may be wet road ahead
And you cannot slip
Just move on up for peace you will find
Into the steeple of beautiful people where there’s only one kind

So hush now child and don’t you cry
Your folks might understand you by and by
Move on up and keep on wishing
Remember your dream is your only scheme so keep on pushing

Take nothing less than the supreme best
Do not obey for most people say ’cause you can past the test
Just move on up to a greater day
With just a little faith
If you put your mind to it you can surely do it

Just move on up, Move on up
But move on up
Oh child, but just move on up
But move on up, Move on up

ソングライター: Curtis Mayfield

カーティス・メイフィールド / ムーブ・オン・アップ 和訳

今は口をつぐんで、泣かないで
いつかきっと、みんなはあなたを理解しくれる
動き出そう、あなたの目的地に向かって
時にはつまづくこともあるけれど

唇を噛みしめて、旅に出よう
ぬかるみもあるだろうが、足を滑らせないで
動き出そう、 あなたが見つけるべき安らぎのために
たった一つの美しい頂に

だから今は口をつぐみ、泣かないで
いつかきっと、みんなはあなたを理解してくれる
動き出そう、そして願い続けて
夢があなたの唯一のよりどころであることを忘れないで
そして進み続けて

まがい物なんかで満たされないで
みんなの言うことに惑わされなければ、
試練を乗り越えることができる
動き出そう、より素晴らしい日へ
ほんの少しでも信じられれば
あなたにはきっとできるはず

動き出そう、ただ動き出そう…

超翻訳:管理人

くじけそうになったら、このページに戻って、この曲を思い出そう。

created by Rinker
¥1,950 (2021/10/25 09:32:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Rhino
¥2,513 (2021/10/25 09:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

【歌詞和訳】

【歌詞和訳】Earth,Wind & Fire / SEPTEMBER | アース・ウィンド・アンド・ファイアー / セプテンバー
冒頭の日付「9月21日」について、ソングライターのモーリス・ホワイトは「歌った時の音の響きから、単に21日を選んだだけ」と語っている。しかしモーリスの妻によると、9月21日は… 覚えているかい? 9月21日の夜のことを 愛が嘘つきの気持ちを変えたんだ 心の雲を払ってね
【歌詞和訳】Billy Joel / Piano man | ビリー・ジョエル / ピアノマン
1971年リリースのソロデビューアルバム「Cold Spring Harbor」の商業的失敗から、ジョエルは契約しているニューヨークのレコード会社からの離脱を考えていた。そんな彼の精神的不安や野望が繊細に見え隠れする歌詞に注目。土曜日の夜、9時常連客が徐々に店にやってくる。僕の隣には一人の老人が座り、彼の大好きなジント...
タイトルとURLをコピーしました